二の腕ケアはお手軽に継続させるのがコツ

暑くなってくると半袖やノースリーブの着るので、二の腕を出す機会が増えます。
私もプヨプヨした二の腕が嫌で何とかしたいと思っていました。
そんなときに始めたのが「適当な二の腕ケア」でした。

二の腕

適当というのは、例えば「毎日10分間は二の腕を引き締める運動をする」というようなルールは作らないということです。
私はとても飽き性な性格なので、自分をあまり追いこんで無理やり始めると、ある日突然やらなくなってそのままフェードアウトしてしまうことが多いんですね。
そこで100均でダンベルを用意して、気が向いたときにテレビを見ながらやってみる、というのを何となく始めてみたのです。
すると、緩く長く継続出来て、テレビを見ているときに気が付けばダンベルを触るのが普通になってきました。

その生活を半年ほど続けていたら、以前よりほっそりしてきて、周りからも「腕が細くなった」と言われるようになったのです。
そんなに真面目に取り組んでいなかったのに、やはり適当でも継続することが大切なんだなと改めて気付きました。

さらに時々ですが、就寝するときにサランラップを二の腕に巻いて寝ると、翌朝汗をかいているんですね。
汗をかいた分、腕は細くなっているので、時々ラップを巻くのも取り入れていますよ。